食べなくても太る?そんな時は|エステ体験を通して、自分の理想とするボディラインを実現しよう

エステ体験を通して、自分の理想とするボディラインを実現しよう

ダイエットのイメージ

食べなくても太る?そんな時は

ランニングする女性

食べすぎていないのに太ってしまう、こんな経験がありませんか。ダイエットサプリの多くは、糖や脂肪の吸収を抑制するものです。サラシア、ギムネマ、白インゲン豆、キトサンといった成分が糖や脂肪の吸収を抑制してくれます。
余分なものの吸収を抑えれば、太りにくくなると考えられます。
しかし、現代人は栄養素が不足することでダイエットに失敗するケースが少なくないようです。
食事で摂取した糖や脂肪などは、細胞内のミトコンドリアによってATPというエネルギーに変換されます。
このエネルギーへの変換がスムーズに行われることがダイエットのポイントです。エネルギーへの変換が滞ってしまうと、余分なものが体内に蓄積をします。
ATPを作るには、ビタミンB群や鉄分などの栄養素が必要です。

これらの栄養素が不足をすると、冷え、貧血、肌荒れなどの不調が現れることもあります。
特に女性は鉄分が不足しているかもしれません。毎月の生理で鉄分を排泄してしまっていることや、鉄分が多い食べものの摂取が少ないからです。鉄分はコラーゲンの生成にもかかわっているので、肌荒れや爪がもろくなるといった症状が現れます。また、赤血球を形成するのにも鉄分がかかわっていて、鉄分が不足をすれば鉄欠乏性貧血になり、酸素を身体の隅々に十分に届けることができないので、疲れやすいといった症状が現れます。
ダイエットは食事を減らしたり、サプリメントで余分なものをカットすることばかり注目されていましたが、不足する栄養素を補って代謝がよい体を目指しましょう。