鉄分を適切に摂取する|エステ体験を通して、自分の理想とするボディラインを実現しよう

エステ体験を通して、自分の理想とするボディラインを実現しよう

ダイエットのイメージ

鉄分を適切に摂取する

様々な野菜

ダイエットを成功させるためには、きちんと栄養を摂ることが大切です。ダイエットのためには、特に鉄分とビタミンB群を意識して摂取するようにしましょう。
鉄分が不足をしていると、疲れやすい、爪がもろい、冷える、顔色が悪いといった症状がみられることがあります。
鉄分が多い食品は、レバー、カツオ、あさり、ほうれん草などです。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は主に動物性食品に含まれていて、非ヘム鉄は主に植物性食品に含まれています。
吸収率に違いがあり、ヘム鉄は15~20%の吸収率なのに対し、非ヘム鉄はわずか2~5%ほどしか吸収されません。吸収率を考えると動物性食品から鉄分を摂取した方が効率的なのですが、ダイエットをしている方はカロリーが気になりますよね。
植物性食品は低カロリーなので、ダイエットをしていていもそれほどカロリーは気にならないと思います。しかし、非ヘム鉄は吸収率が低いので食べ方に工夫をしましょう。
非ヘム鉄は動物性のタンパク質、ビタミンC、クエン酸などと一緒に摂取をすると吸収がよくなります。
たとえば、ほうれん草のおひたしにレモン汁や酢を加えるなどすると、レモン汁のビタミンCや酢のクエン酸の働きで吸収がよくなります。サラダや果物などを一緒に食べることでもビタミンCを摂取できます。
鉄分の吸収を阻害する成分もあるので、それらとは一緒に食べないようにしましょう。カフェインやタンニンが鉄分の吸収を阻害する成分です。これらはコーヒーや緑茶などに含まれているので注意が必要です。